導入医院インタビュー

“未来を予測しながら治療ができる”
こんな強みはありません!

医療法人社団 幸誠会 たぼ歯科医院
(埼玉県)
Dr. 多保学先生

  • 今は発症していないけれど、将来的に発症するかもしれない。現状とは別の潜在的な〝リスク〟という観点からアプローチできるようになりました。その結果が、疾患の予防につながっていくわけです。私に言わせれば、「だ液検査をやらないで、どうやってリスクを評価したらいいのか?」という話です。「未来を予測しながら治療する」という、今までの歯科医院とは違う概念で治療ができる! これはすごい強みですよ。

    もともと「口の中がキレイにならない限り治療はしない」ということを徹底していたところに、リスク診断が入ってプラスαになったような感覚でした。患者さまも受け入れやすかったのではないでしょうか。もちろん、人によっては「あそこは治療をしてくれない」と思うかもしれません。でも長い目で見ていけば、「あそこの歯科医院はリスクや未来の評価をしながら、しっかり治療してくれる。ちゃんとキレイにしてくれるよ」と受け止めてくれると思うんです。

  • 田保 学先生

インタビュー全内容はこちら